2018-11-07

    2018年11月7日(水) ぬかるみの世界


    (通常の横書き表示にされたい場合は画面を2回クリック(タップ)するごとに「横書き表示」「縦書き表示」になるはずです。ちなみに、このブログはPCモードで表示されることを前提にデザインを決めていますので、例えばスマホのブラウザでPCモードでない設定で表示させていると、きちんと表示されない場合がありますので、僕としてはPCモードで表示されることを、お勧めいたします。)

    2018年11月7日(水) ぬかるみの世界



    FC2 Blog Rankingの「日記」カテゴリ配下の「会社員・OLランキング」部門で1位継続中。いつまで続くのか見ものだ。もうそろそろ勢いがなくなってくるんじゃないかしらと思っているし、そうでなくてもいずれ中身スッカラカンというか、「ただのオッサンの愚痴のブログかよ!」という事実がバレて、すぐに落ちていくんだろうなあと思っているのだが、僕もやはり欲どおしい人間のようで、こうなるとせっかくだから少しでも長く1位にして置きたいという身不相応な無いものねだり感が湧き起ってしまった。
     だって、こんなことはこの先もうないかも知れんからねぇ。あの時もうちょっと頑張っておけばよかったと後悔するのも嫌だし、できるのにやらないっていうのも何だか可能性を自ら放棄しているみたいな気がしてきて、面白くないことばかりが起こる毎日を生きている中で、これがあるから何とか辛うじて少しは生き続けようと思えているってものになってくれそうな気もしてきた。たかがブログの(根拠のわからない)ランキングに、エエ歳こいて何を一喜一喜(「一喜一憂」ではない)しているんだと馬鹿にされそうだが、久しぶりに何だかやってみようかなと思った次第。まあ僕のことだから長くは続かないと思うけれど。
     そんなこんなで、もう少しの間は頑張ってできるだけ毎日更新するように頑張ってみるので、「ほなら付き合うたるわ」という読者の方々にはよろしくお願いしたい。もちろん「あほくさ。付き合うてれんわ」ということで、いつでも離脱して頂いて結構です。その前に僕の方から「やっぱりや~めた」と無責任に放り出してしまうことも大いにあり得るし、何も言わずに「えっ、そんなこと言うてましたっけ?」としらばっくれて、何も触れずにいつの間にか以前の更新頻度に戻っているってことも充分あり得るから。要はゆるゆる、うだうだ、ということでおます。


    ■テレビを何気に聴いて(観てはいない)いたら、「お好み焼きの千房」という言葉が耳に飛び込んできて、続けて「ぬかるみの世界」という言葉も飛び込んできた。
     懐かしい。
    「ぬかるみの世界」というのは大昔に大阪はOBCラジオ大阪にて放送されていたラジオの番組である。パーソナリティは笑福亭鶴瓶と放送作家の新野新の二人だ。当時、日曜日の夜中(0時)に放送されていたにも関わらず、すごい人気を誇っていた番組だった。御多分に漏れず僕も毎週必ずと言っていいくらい聴いていた「ぬかるみん」の一人でした。詳しくはネット等で検索してください。
     ちなみにこの番組の本を持っていたのだけれど、どこに行ったかなあ? 残っているとしたら実家なのだけれど、実家は十数年前に建替えをしたので、その際に捨てられてしまったかも知れん。今度実家に行った際に探してみることにする。
     それにしても「ぬかるみの世界」という番組は聴きごたえのある番組だった。「ぬかるみ」と聞くとあまりいいイメージはないが、パーソナリティ二人のしゃべくりは本当に面白いものだった。ああいう面白い「ぬかるみ」なら何とか付き合えるが、今の僕を取り巻く周りのようなシャレにもならん「ぬかるみ」は本当に困りものの「ぬかるみ」である。今の現実にある「ぬかるみの世界」は本当に本当に疲れる……。

    ■四方八方に線引かれまくりである。
     何事に関しても「限界」と見える線が四方八方に引かれまくられている。僕はその線を超えたいのに、まるで壁であるかのように、その線まで来ると、そこから先に行けない。仕方がないから壁に反射するしかない。そのくせ下に関しては無制限だ。落ちるのに限界は存在しない。いったいどこまで下があるのだと思うくらい落ち続ける。
     引かれている線、というか壁を打ち崩したいが、その方法がわからない。本当に腹が立つ。

     会いたい人には、まったく会えないのに、会いたくない奴には、ひょっこり出くわしたり、その後の姿を別に知りたくもないのに何かしらの拍子で見たりする。

     やりたいことは全然できないのに、やりたくないことは嫌でも向うから押し寄せてくる。そして有無を言わせずに僕を巻き込んで行く。
     何でもかんでも俺に押し付けるんじゃねぇよ! バーロー!

     金は全然とどまらず、右から左に流れていくだけ。資本主義の社会は何が何でも金を回したいらしい。だからなくても困らないものを勝手に作り、それがないと何もできなくなるようにしようとする。それに抗っても、圧倒的な数の人間がそれに取り込まれてしまうから、結局同じ土俵に上がらされて、流したくない金を右から左にせっせと流さねばならない羽目になる。そしてそれで大儲けしている奴らが僕らの知らないところでわんさといるのだ。資本主義社会っていうのは結局のところ、そういう社会なのだ。

     じっと手を見る……。




    ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
     
    ↓↓↓どれか一つだけでもクリックして頂けたら幸い。

    FC2 Blog Ranking
    にほんブログ村 日々のできごと
    人気ブログランキング 日々のできごと

    ↑↑↑いつもありがとう。感謝。


    ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

    【興味ある広告があったのならクリックして見て頂くと幸い。もしかしたらあなたも幸いになれるかも知れない。でも詐欺っぽい広告はクリックしてはいけない。甘い話には注意しよう。】

    関連記事

    theme : エッセイ
    genre : 小説・文学

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    ランダムな広告3

    プロフィール

    イクタシバ イタル

    Author:イクタシバ イタル
    イクタシバ イタル
    いくたしば いたる 
    50代半ばのオッサン。
    今も現役のSE&PG。
    好き勝手なことを書いています。
    望んでいるのは結局穏やかな暮らしなのでしょう。

    最新コメント
    最新記事
    カレンダー
    10 | 2018/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    アクセス数
    リンク
    RSSリンクの表示
    ランダムな広告1
    ランダムな広告2


    Hulu
    楽天売れ筋
    楽天