2018-08-21

    2018年08月21日(火) 熱中症・同窓会

    ■現在の実際の時刻は、8月22日(水)の午前0時25分だ。平日のこんな時刻に起きているだなんて、ここ数ヶ月ではかなり珍しい。いつもならとっくに寝床に入っているのだけれど、今夜はちょいと仕事をしていた、と言うか、せざるを得なかったので、こんな時刻まで起きている。
     実は昨日、仕事を休んでしまった。理由は、熱中症のような状態になってしまったからだ。この前の土曜日は非常に涼しくてエアコンなしで眠ることができた。日曜日は少し蒸し暑かったが、この夜もエアコンなしで大丈夫だろうと思って、そのとおりにして寝たのだけど、これが大誤算。ほぼ熱帯夜状態で気が付くと僕の全身から大量の汗が噴き出していた。それですぐにエアコンを動かせばいいものを、どういうわけか僕はそのまま枕元にあったタオルで、ずっと体を拭きながら「暑い、暑い」とうなされた状態でいた。家人は普通に寝ていたから、僕だけが一時的に暑さを感じているだけなのだと寝ぼけながら思ってしまった。そのうち汗は引くだろうと勝手に思っていたのだ。
     しかし、汗は引くどころか更に噴き出してきて、僕を完全に目覚ました。
    「暑い!」
     そこからエアコンを稼働させたのだが、どうやらその時点で僕の身体は脱水症状を起こしていたようで、朝まで眠ることができず、ただただ暑さにうなされ続けていた。
     その結果、起床時刻の頃、僕は酷い眩暈と吐き気に襲われてしまった。そしてトイレにて嘔吐……。
     体はフラフラで、何も食えず、ただただ水分を摂取するのみ。しかし、症状は全然改善せず、テレビの音声が頭にキンキン響くのを覚えた僕は出勤を断念。胃腸薬と頭痛薬を服み、そのまま寝床に戻った。結局そのまま丸一日倒れたまま。今日の朝になって何とか動けるようになった。
     そういうわけで予定外に仕事を休んでしまったので、今日は家に戻った後、風呂に入り、晩飯を食った後、この時刻まで仕事に関わる調べ物をしていた次第。

     酷暑は薄らいでいるが、まだまだ熱中症にはお気をつけあそばせ。調子に乗って油断していたら僕みたいになりまっせ。特に中高年の皆さんはご注意を。
     
     しかし、そんなことがあったのに、今夜はもう外で鈴虫が鳴き始めたものだからびっくりしてしまった。ついこの間まで蝉がやかましく鳴き続けていた場所なのに、あれから2日ほどで秋の虫が登場するだなんてね。暑い暑いと言いつつも季節は確実に秋に向かっているんだってことを実感した。

     短かったけど暑かったね、夏。


    ■お盆という時季だったからか、先日、数十年ぶりに中学校の同窓会が催されたようだ。「催されたようだ」と書いたのは、自分は参加していなくて、実際を見ていないからだ。ではなぜ同窓会がきちんと催されたことを知っているかと言うと、LINE上で同窓会のグループがあって、どういうわけか僕もそのメンバーに入っているからだ。同窓会当日、LINEにはたくさんのメッセージや画像などが投稿され、その度に僕のスマホはブルった。あまりにブルブルするので通知をオフにしたくらいにだ。それだけの投稿があったくらいだから同窓会自体はかなり盛り上がったように見える。「見える」と書いたのは、いちいち読むのが面倒臭くて眺めただけだからだ。
     何が書きたいかって言うと、別にLINEで同窓の人たちが繋がるっていうのは確かにいいことだ。普段はあまり会えない古い友人や、卒業以来会っていない同窓生と連絡が取れたりできるわけだから便利と言えば便利だ。しかし、こういう時はちょいと困りものだ。参加している人達はテンションが上がっている。楽しい思いをLINEに乗せたいっていう気持ちもわからないではない。とは言え参加していない者にとっては、その高いテンションに困惑する。その場にいない者にとっては遠い世界で起こっている出来事とも言える。そういう温度差を認識しろと言っても無理なのだろうが、絶え間なくアゲアゲ系メッセージが送られてくると、何だか参加しなかった自分が変に取り残されているような感覚に陥るのだ。
     いや、そんなこと感じなくてもいいはずではないか。
     正直なところ、そのグループから退会しようかと思ったが、そういうことをすると後々何を言われるかわかったものではないから結局そのままにしておいたが、あまり同窓会に出ようとは思わない僕のような人間にとっては、こういうのって困りものだと思った次第。

     ちなみに皆さんは同窓会とかに出られる方ですか?
     僕は20代前半に高校の同窓会に一度出た切り、それ以降は一切どの同窓会にも出ていません。理由は、若い頃は面倒くさかったしお金もなかった(同窓会の会費って、どうしてあんなにバカ高いんでしょうね?)からですが、それなりに歳を取ってからは「何十年も付き合いのない人と今更会ってどうすんの?」という思いと、「出たらきっと劣等感に襲われるだけに違いない」という思いが強くなって、「そんなことに時間とバカ高い金を使うくらいなら家族でうまいもん食いに行った方がいい」という考えになったからです。それ以前に、僕は当時は目立たないアホな学生でしたから、今更同窓会に行って何十年ぶりに同窓と会ったとしても「アンタ誰やったっけ?」って言われる可能性が高いので、それもまた嫌だなあと思ったわけです。
     それでネットで同窓会というものに関して色々と検索してみたのですが、絶対に出るっていう人がいれば、同窓会になんて絶対に出ないっていう人も結構多いみたいですね。理由は「結局自慢大会になるから」とか「当時と同じようにハミゴにされるから」とか「あれこれ聞かれて嫌だから」とか僕と同じように「何十年も付き合いのない人に今更会う気がない」など様々なようです。また「昔好きだった相手がオッサン・オバサンになっている姿を見たくない」、「自分の無様な姿を見せたくない」っていう意見もありますね。やっぱり思い出は美しいまま残しておいた方がいいのかも知れませんね。


    ↓↓↓よろしければ「ポチッ」として頂ければ励みになったりします。

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
    にほんブログ村


    シンプルライフランキング





    関連記事

    theme : エッセイ
    genre : 小説・文学

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    ランダムな広告3

    プロフィール

    イクタシバ イタル

    Author:イクタシバ イタル
    イクタシバ イタル
    いくたしば いたる 
    50代半ばのオッサン。
    今も現役のSE&PG。
    好き勝手なことを書いています。
    望んでいるのは結局穏やかな暮らしなのでしょう。

    最新コメント
    最新記事
    カレンダー
    10 | 2018/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    アクセス数
    リンク
    RSSリンクの表示
    ランダムな広告1
    ランダムな広告2


    Hulu
    楽天売れ筋
    楽天