2018-06-20

    第99話 雨とオートバイの話をしよう(2) (初掲載 2017年6月27(火))

     一週間後の土曜日、卒業試験が行われた。その日はまたしても朝からけっこうな量の雨が降っていた。日頃の教習では雨が降ると中止とされることが多かったのだけれど、この日の卒業試験は雨天であるにも関わらず決行された。
     それはやはり教習所の日程や、既に受験者が集まってしまっていて今更試験を中止することはできない、というような諸々の大人の事情によるところが大きかったと思うのだが、それとは別に現実的にバイクというものに乗る以上、雨だから卒業試験をしないというのもおかしいという考えがあったからのようだ。

     この日、卒業試験に臨んだ受験者は僕を含めて約三十名ほどいた。

     僕はもちろん雨合羽とレインブーツ、手袋を持参して臨んだ。ところがそんな大雨に近い天候であるにも関わらず、そうやって雨合羽とレインブーツ等を持参したのは驚くことに僕一人だけであった。あとの二十数名は皆、そういうものは教習所で用意してくれていると思っていたらしい。

     それを聞いた試験官はその場で激怒した。

     今まで教習を受けていて、君たちはいったい何を聞いていたのか! 
     雨の日にはバイクに乗らないとでも言うのか?
     バイクに乗っている途中で雨が降ってきたら、どうするつもりなのか!
     見ず知らずの誰かが都合良く雨合羽を貸してくれるとでも思っているのか!

     試験官はそこからしばらくの間、僕たちにバイクに乗るということの覚悟についての話をした。もちろん雨の日にバイクに乗るということはどういうことかということをも話したのだけれど、その際に試験官は雨合羽とレインブーツ、手袋等で完全装備した僕を指差した。そして皆にこう言ったのだ。

    「彼の姿を見てみろ。彼なんてあれだけでもう100点満点で合格だよ!」

     僕は突然のことに少々驚いた。しかし、(いい子ぶるつもりはないが)こんな日にバイクに乗るのだから雨合羽とかを着るのは当然のことだろうと思っていた。逆にどうして皆そんな普通の恰好をしているのだと思っていたくらいだ。
     おそらくこれは教習を受けていた半年の間、雨に祟られたからだろう。更に教習期限ギリギリだった、あの雨の日の教習がその極め付けの如くあったから、だからきちんと心づもりができていたのだと思う。

     その後試験は予定どおり行われた。雨合羽等を持参しなかった受験生は皆教習所から貸与されたものを着用し無事に試験を受けた。僕ももちろん何の問題もなく試験を受けた。
     結果、僕は無事に卒業試験に通った。試験中、一度だけ不要な場所で片足を道路につけてしまったのだが、それ以外はすべての試験項目を完璧にこなした。例えば一本橋などは30秒以上(だったかな?)をかけて渡るというものであったが、僕は1分以上という時間をかけて渡った。それは当日試験を受けた教習生の中で最長の時間だった。
     点数は本当に100点満点だった。しかも三十名ほどいた教習生の中で「ただ一人の、ぶっちぎりの100点満点!」と試験官から発表された。
     この時ばかりは僕は「雨様様だ」と思った。

     こんなふうにしてバイクの免許を取ったからだろう、その後のバイク生活の中で雨の日にバイクに乗ることを僕はあまり疎ましく思わなかった。雨が降る、もしくは降りそうであれば、それ相応の対策をし、更には同様にそれ相応の心構えをして乗ればいいと思った。もちろん天気のいい日にバイクをかっ飛ばす方が気持ちが良かったが、雨の日には雨の日なりに趣みたいなものがあった。雨の日のライドをもひっくるめて、バイクに乗るというのは、そういうことなのだと思っていた。
     そしてそれが影響したのか、普段の生活においても雨を疎ましく思ったことはあまりなかった。もちろん雨が続いて洗濯ができなかったり、ジメジメとした日が続いたりすると、さすがに「いい加減にしてくれ!」って思ったりしたが、雨の日というものが無くなるわけではないのだから、うまく付き合うことが大事だと思った。雨が降らなかったら降らなかったで困ることにもなるのだ。
     更には何となくだったけれど、その頃の僕には雨が何だか自分にとってはラッキーアイテムの一つのようにも思えたりした。それは雨の日にいいことがよく起こったからというわけではない。雨の日に良くないことが起こることが、あまりなかったからだ。

     その後、30歳になる手前頃になって、僕は諸々の事情でバイクから降りた。その時は、またいつか再びバイクに乗ることもあるだろうと思っていたが、残念ながら未だにその機会には巡り合えていない。

     バイクを降りたせいだろうか、僕はあれからずっと雨に嫌われているような気がして仕方がない。それはきっと日々の現実や生活が僕から雨を眺める余裕を奪っていったからだろう。そしてそうなっても僕がそれに抗う気持ちを持たなかったからだろう。

     ごめんよ、雨。
     そろそろ君と仲直りがしたい。
     だめかな?


     ちなみにこれを書いている日(2017年6月7日水曜日)のお昼頃、僕は気象庁が関東甲信、東海、近畿、四国、中国(山口県を除く)地方が梅雨入りしたとみられると発表したことを知った。
     いよいよ梅雨本番だ。
     さて、これからどういった状況になっていくのだろうか。豪雨は嫌だ。できれば水不足にならない程度の梅雨であって欲しい。




    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
    にほんブログ村



    関連記事

    theme : エッセイ
    genre : 小説・文学

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    ランダムな広告3

    プロフィール

    イクタシバ イタル

    Author:イクタシバ イタル
    イクタシバ イタル
    いくたしば いたる 
    50代半ばのオッサン。
    今も現役のSE&PG。
    好き勝手なことを書いています。
    望んでいるのは結局穏やかな暮らしなのでしょう。

    最新コメント
    最新記事
    カレンダー
    10 | 2018/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    アクセス数
    リンク
    RSSリンクの表示
    ランダムな広告1
    ランダムな広告2


    Hulu
    楽天売れ筋
    楽天