2018-05-27

    2018年5月27日(日) 日碌

    ■「とんび」というドラマをほぼ一気観して以来、これと言って観たいものが見つからず。いや一つだけあった。毎週土曜日の夜にNHKで放映されている「植物男子ベランダー」というドラマ。特に感動するわけではないし共感する部分があるわけでもない。何より自分は植物好き人間でもないので自分でもどうして毎週観ようとするのかよくわからないのだけれど、何故か録画予約しているのだ。本当はリアルタイムで観たいのだが家人が同じ時間帯に他局で放映している「おっさんずラブ」を観ているので「植物男子ベランダー」は録画して後でゆっくり観ることにしている。ちなみに僕は「おっさんずラブ」には全く興味がない。世間ではけっこう人気があるドラマらしく、実は一度だけ少し観たことがあるのだけれど、あの「おっさんず」なんてやっぱりリアルで自分でもあるわけで、そこに同性愛が入ってくるのが僕には受け入れられなくて、どうしても拒絶反応が出てしまうのである。家人は面白く観ているみたいだけど……。だがよくよく考えてみると植物が好きでもない自分が「植物男子ベランダー」を観ているのは前述の「おっさんずラブ」に対する考え方と照らし合わせてみると矛盾しているという感も否めない。この違いはいったい何でありましょうや?
     そんなことはさて置き、とりあえず今好んで観ているのは「おっさんずラブ」じゃなくて「植物男子ベランダー」である。しかしそれもあと数週間で終わる。その後が問題だ。

    ■今日の備忘録。
     午前8時前に起床。
     ワンコの散歩、エサやり。
     掃除機かけ。
     ここまではいつもの休日と同じ。
     今日はこの後
     ワンコをお湯責め。更にはシャンプー地獄へと陥れた。
     まいったかワンコ。オマエの体にあった種々雑多な汚れや臭いは綺麗さっぱり消失させてやった。これで僕に対する悪臭攻撃はしばらくの間は効果なしだ。ざまあみろ。

     その後引き続き風呂場の掃除だ。ワンコをお湯責め&シャンプー地獄へと陥れた後の風呂場はその凄まじさを示すかのような抜け毛がてんこ盛りだ。人間による日々の垢汚れも少々目立っていた。そういうことで一時間ほどかけていつものように浴槽だけでなく壁も含めて掃除をした。

     昼食はミートソーススパゲッティ。
     いつものレトルトミートソースだと家人は言うのだが、いつもよりもトマトの生々しさがキツく、その塊と思えるものをほとんど家人の皿に移した後、それを食らった。
     僕は昔からトマトがダメなのだ。トマトピューレ等を使ったもので生のトマトの味がしなければ大丈夫なのだけれど、少しでも生のトマトの味が残っていたらもう食べられない。思うにこれは小学生の頃の学校給食による悪影響だ。今はどうなのか知らないが僕が子供の頃の学校給食にはよく生のトマトが丸ごと一個出てきたものだった。僕はそれがどうしても食べられなかった。無理に食べると、そう、一口でも食べると胃の中のものをすべて吐いてしまいそうになるくらい気持ち悪くなった。それはもう完全にアレルギーと言っても良かった。だが当時はすべてを食べてしまわなければならなかった。残すだなんてことは許されなかったのである。だから僕はトマトが出ると毎回一大決心をし、息を止めてできるだけ噛まずにトマトを丸のみしていたものだった。そうでもしなければ、ずっと給食から解放されなかったからだ。
     僕と同じようにトマトがダメだという友人がいたが、やはり同じような思いをして食べていた。でもそれでも食べれない子もいた。結局彼はトマトをどうしたのだろうか。
     考えてみれば当時は本当に理不尽なことが多かった。トマトはまだまっしだった。悲惨だったのは牛乳が飲めない子供たちだ。今ならアレルギーのこともあって決して無理強いさせることはないだろうが、当時は「牛乳」イコール「最強無敵の健康食品」で、アレルギーの可能性なんてこれっぽっちの疑いもかけられず「牛乳を飲まない」イコール「否定など一切できない悪」とほぼ洗脳されていたかのごとく教え込まれていたから教師はもちろん周りの(牛乳が普通に飲める)子供たちからかなりの非難を受けていたように記憶している。非難も大人ならまだ節操があるが子供というのは何にしろある意味残酷で容赦がないから、それはもう酷いものだった。中にはそれが元でイジメもあっただろう。僕もトマトでエライ目にあったが一歩違えていたら同じような目にあったかも知れない。それを考えると今も同じような例があるんじゃなかろうか。
     ちなみにトマトは嫌いじゃない人にとってはやっぱり美味いものらしい。「夏に冷えたトマトに塩をかけてかぶりつくのが最高!」とよく耳にするが僕にとっては今もそんなのはとんでもない話である。はっきり言って拷問に等しい。

     イクタシバ殺すにゃ刃物は要らぬ。トマト食わせりゃそれで済む。

     そんなこんなで我が家の食卓ではトマトの類が家人や娘の皿に乗ったことがあっても僕の皿に乗ったことはただの一度もない。もちろんこれからも一切ない。
     だがそんな僕が毎年家人に言われるままプチトマトの苗をプランターに植えているのはどういうことだろう。あのプチトマトの苗や葉の青臭いニオイが鼻につくと、まるで鼻にとまったカメムシを振り払おうとするかのごとく錯乱しそうになるのにである。なぜなのか? これは未だに自分でも理解に苦しむ。

     昼食後、テレビを少しボーッと眺めた後、これを書いている。

     もうすぐ午後3時だ。
     今から録画していた「植物男子ベランダー」を観る。
     その後でワンコの夕方の散歩がてら実家に顔を出しに行こうかと思っている。特に用事があるわけではないが、G.Wに入った頃に顔を出して以来実家に行っていなかったのだ。そろそろ様子を見に行った方がいいだろう。何せ高齢者だからなあ。


    ■まだ時間があったら追記するかも知れないが、とりあえず今日の更新はここまで。
     毎度毎度書くが本当に土日の休日なんてあっという間に終わってしまう。
     明日からまた我慢の5日間が始まる。気分は徐々にブルーに染まり始めている。


    関連記事

    theme : 日記
    genre : 日記

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    こんばんは。
    私もトマトはそんなに美味しいとは思わないですね。
    しかし、市販のトマトジュースはなぜか美味しいと思うので不思議です。

    もう夏ですね~。
    前回のコメントで、イクタシバさんの今度の会社もボーナスなしだったとは・・・残念ですねえ。
    今の会社、前回の会社よりはかなりまともなのかも?と思ったのですが・・・。

    私も長い間ボーナスには縁がなく、若い頃には考えられないようなチマチマした倹約生活をしています。
    やっぱり世の中を見れば見るほど、不況だと感じますからね。

    しかし、ボーナス出ないのに、正社員で募集をかけている求人多いですね。
    景気のいい時だったら応募する人いないだろうに、こんな世の中ですから足元見られてますね。

    ボーナス出なくても、雇用期間が限定でないだけマシ、といったところなのでしょう。
    ハローワークの求人を見ていると、時給制なのに正社員なんていう求人もあり、ビックリしますね。












    Re: タイトルなし

    猫さん こんにちは。
    コメントありがとうございます。

    > こんばんは。
    > 私もトマトはそんなに美味しいとは思わないですね。
    > しかし、市販のトマトジュースはなぜか美味しいと思うので不思議です。
    >
    > もう夏ですね~。
    > 前回のコメントで、イクタシバさんの今度の会社もボーナスなしだったとは・・・残念ですねえ。
    > 今の会社、前回の会社よりはかなりまともなのかも?と思ったのですが・・・。
    >

    たぶん今の方がまだまともです。
    単に給与規定がそうなっているだけって感じかな。


    > 私も長い間ボーナスには縁がなく、若い頃には考えられないようなチマチマした倹約生活をしています。
    > やっぱり世の中を見れば見るほど、不況だと感じますからね。
    >

    個人に対しては不況の頃と変わらないと思いますけど、業界(IT業界)でみると凄い人手不足なので
    案件は山ほどあるようです。

    > しかし、ボーナス出ないのに、正社員で募集をかけている求人多いですね。
    > 景気のいい時だったら応募する人いないだろうに、こんな世の中ですから足元見られてますね。
    >
    > ボーナス出なくても、雇用期間が限定でないだけマシ、といったところなのでしょう。
    > ハローワークの求人を見ていると、時給制なのに正社員なんていう求人もあり、ビックリしますね。


    ハロワの求人は掲載料がタダだからか、とんでもない求人が珍しくないですね。
    人手不足だし労働時間短縮がトレンドですが、力関係は相変わらず経営者側が強大。
    昔のような労働争議を起こすくらいの気概が再び必要なんじゃないかと思ったりしています。
    それか起業して経営者側になるかですかね。

    ランダムな広告3

    プロフィール

    イクタシバ イタル

    Author:イクタシバ イタル
    イクタシバ イタル
    いくたしば いたる 
    50代半ばのオッサン。
    今も現役のSE&PG。
    好き勝手なことを書いています。
    望んでいるのは結局穏やかな暮らしなのでしょう。

    最新コメント
    最新記事
    カレンダー
    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    アクセス数
    リンク
    RSSリンクの表示
    ランダムな広告1
    ランダムな広告2


    Hulu
    楽天売れ筋
    楽天