2018-05-13

    2018年5月13日(日)

    ■昨日はあれほど天気が良かったのに今日は一転して雨。
     
    ■午前8時過ぎ頃に目が覚めた。昨夜は録画していた「とんび」というドラマの第一話と第二話を数年ぶりに観た。おかげで床に就いたのは午前1時を回っていたのだけれど、ドラマの余韻があったせいか布団に入っても中々寝付けなかったので、おそらく一時間ほどは布団の中でウダウダしていたと思う。ゆえに本当に眠りに落ちたのは午前2時を回っていただろう。そのおかげか午前6時頃まで熟睡していたから特に不満があったわけではない。

    ■起床した頃、既に雨が降り始めていたのでワンコの散歩は中止。それ以外はいつもの家用をこなした。
     午前9時半頃に家人と共に車で買物に出かけた。普通の買物なら僕が同行することはあまりないのだけれど、ガソリンがほとんどなかったので、ほぼ給油するために付き添った。家人は相変わらず自分でガソリンを入れることができない。昔、店員が給油してくれるガソリンスタンドがあった頃は家人一人でも問題はなかったが、今や周辺のガソリンスタンドはすべてセルフだ。「自分で入れるのは怖い」と言って未だに自分でやろうとはしない。よって家人が運転している際に、どれだけガソリンが減ってしまっても家人が途中で給油することはない。自宅まで戻った後、僕が給油をしに行く。たまに給油ランプが燦燦と光っている状態でガソリンスタンドに向かうことがあるが、そういう時は正直なところ少々焦ってしまう。「頼むからガス欠で停まったりするなよ」と願いながら車を走らせる。もちろんその際は超エコ運転である。できれば(大の大人なのだから)家人がセルフで給油できるようになってもらいたいものだ。そう言えば世間の日常的に運転をする中高年主婦の方々ってどうなのだろう。やはり運転はしても給油はダンナさん任せなのだろうか?

    ■午前10時半頃に帰宅。
     しばらくテレビをボーッ眺めていたが特に観たい番組もなかったので数日ぶりにギターの練習などをした。そう言えば(少し日にちが経ってしまったが)先日、あのギターメーカーの老舗である「ギブソン」が破産法申請をしたとのニュースが報じられた。僕はそれを聞いて驚いてしまった。
    「ギブソン」のギターと言えば僕のようなかつてのギター小僧にとっては(いや今でもギター好き人間にとってもそうだと思うが)憧れの名機である。日本はもちろん海外のあらゆるギターの名手たちがそれを手にしていくつもの素晴らしい演奏をしている。本当に喉から手が出るくらい欲しいギターだ。
     レスポール、SG、エクスプローラー、フライングV、J-45、ハミングバード、SJ-200など、僕も中学生だった頃からいつかはギブソンのギターを一本くらいは手にしたいと思っていた。(残念ながらそれは未だに実現していないのだけれど……)フェンダーと並んでギブソンのギターは本当に僕らの憧れの的だったのだ。
     そんなギブソンが破産だとはいったいどういうことだと思った。フェンダーが既に色々なゴチャゴチャした経緯でかつての状態ではないことは知っていたがギブソンは今でもギター一筋で堅実に経営されているものとばかり思っていた。
     しかし現実は違った。あのギブソンも(ギター市場の縮小もあって)ギターだけでは経営が厳しくなり何でも事業の多角化をしていたそうだ。だがそれらがうまく行かなくて負債が膨らんでしまい、破産となったらしい。
     破産となったら、ではあのギター達はどうなるのだろうかと思った。もしかしたらもう生産されなくなるのかと思った。しかし幸いなことに主要債権者たちが再建案に同意し今後は中核ビジネスである楽器に再び集中するということで今後も生産は続けられる模様だ。
     しかし今はそういう時代なのだなと思った。僕らが十代だった頃、ギターはアコースティックもエレキも含めてそこらかしこの家で目にしたものだったが今やその姿があるという家は確かに激減したように思える。今やギターが青春の必須アイテムであるというような風潮もなくなった。普通に弾けるまでに1年くらいはかかってしまうギターという楽器に興味を示す人も激減したように思う。
     今ではスマホがあればギターの音くらい簡単に出せるものね。でも今でも辛うじてギターが弾ける僕から言わせてもらうと、やっぱりスマホで出すギターもどきの音と実機で出す音とは全然違うよ。ギターに限らず楽器が(たとえ下手くそであったとしても)弾けるっていうのはいいもんだよ、本当に。

     そんなこんなでギターに関することを書いたついでに、昨年書いたギターに関するエッセイを別でアップしたのでお暇なら読んでやってください。

    第50話 ギター(1)
    第51話 ギター(2)
    第52話 ギター(3)


    ■昼前に娘が帰ってきた。何でも今日は結婚する友達に贈るビデオを作るために卒業した高校で友達数人らと会うそうだ。
     昼飯を食べた後、娘は車で出かけていったが、あいにくの雨天。できれば晴天の下でビデオ撮影をしたかっただろうが、こればっかりはどうしようもない。自然には勝てんよな。

     それにしてもよく降る雨だ。この天気は明日まで続くらしい。こんな天気だから僕はもう今日は家でおとなしくしているつもりだ。今日は母の日だから散歩ついでに実家に顔を見せようかと思ったが、この天気ではなあ……。


    関連記事

    theme : 日記
    genre : 日記

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    ランダムな広告3

    プロフィール

    イクタシバ イタル

    Author:イクタシバ イタル
    イクタシバ イタル
    いくたしば いたる 
    50代半ばのオッサン。
    今も現役のSE&PG。
    好き勝手なことを書いています。
    望んでいるのは結局穏やかな暮らしなのでしょう。

    最新コメント
    最新記事
    カレンダー
    10 | 2018/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    アクセス数
    リンク
    RSSリンクの表示
    ランダムな広告1
    ランダムな広告2


    Hulu
    楽天売れ筋
    楽天