2018-05-06

    2018年5月6日(日) G.W終わる

    ■ゴールデンウィーク最後の休日。でも今日は実は普通の日曜日である。

    ■毎度のように起床、ワンコの散歩等の家用をこなし、頃合いの時刻を見て家人と共にまたもやホームセンターへ。昨日、サイズを測り忘れていて買えなかった簾を購入。

     自宅に戻ると勢いそのまま簾の取り付け作業を開始。一階の居間は東側に窓があるのだけれど、この時期になると朝から陽射しが強くなって午前中はずっと部屋の中が眩しい。そのためこの家に住み始めて以来、この時期から夏が終わるまで居間の東側の窓には簾は必須アイテムとなっているのだ。昨年までは数年前に買った簾を使い回していたのだけれど、さすがに汚れやいたみが酷くなって捨ててしまったので今年は新たに購入せねばならなくなった次第。
     取り付けは15分で終了。これで居間の東側の窓からの眩しさは解決したが、夏に向けてまだまだ対応しなければならないことが山積みだ。無理をするとまた体が痛くなるのでボチボチやって行こう。


    ■ああ、連休が終わる。連休に突入する前からわかっていたことだが、ゴールデンウィークなんて、あっという間に終わる。思えば社会人になった年のゴールデンウィークから毎年そう思ってきた。盆休みも年末年始の休みも、普通の土日の休みも、やっぱり同じように社会人になった年から、ずっとそう思ってきた。休みなんて本当にあっという間だ。

     もう一つ社会人になった時から思い続けていることがある。

    「休みなんて、あっという間に終わる。でもそうやって毎日が終わっていってくれないと月日が経たない。月日が経たなければ、ずうっと今のままだ。いつまで経っても僕は同じ僕のままだ。だから休みもやっぱりあっという間に終わってくれないと困る。何もかもがあっという間に終わってくれないと僕自身もやっぱりあっという間に終われないもの」

     あれから三十数年が経った。本当にあっという間だ。

     でもいくつになってもゴールデンウィークが終わる時は非常に憂鬱だ。明日の朝は間違いなくブルーマンデーの極みだろう。
    「毎日が日曜日」という身分に憧れる。僕にそんな日がやってくる可能性は極めて低い。やって来るとしたら80歳手前くらいか。だがきっとそんな歳まで僕は生きていないだろう。働き蟻は働き続けて、その最中に死ぬのだ。さもなくば働く場所もなく落ちぶれて消えるかだ。

    関連記事

    theme : 日記
    genre : 日記

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    楽天アフィリ


    cortina(コルティーナ)