2018-01-11

    2018年1月11日(木)日碌

    ■寒い日だった。こんなに寒い日は久しぶりだ。
     朝、出かけようとして、いつものように原チャリに跨りセルを押そうとしたら、何と凍っているではないか。これではエンジンがかけられんではないかと少々焦った。無理に押したりすると凍ったプラスティック部分が損壊してしまうのではないかと思ったが、もう時間がなかった。本来ならお湯でもかけるところだが、ほぼ無理やり押した。すると「ガキガキ」とでも発するとそれっぽいだろうか、そんな感触でセルのボタンを押し込めることができて一応エンジンがかかった。だが押し込んだセルのボタンが今度は戻って来ず、押しっぱなし状態でセルが変に回り続けているではないか。
     まずいと思い、指でセルをいじっていたら凍っていた部分が解けたのかボタンが戻った。
     良かったと思いつつ駅に向かって原チャリを転がす。だが路面は所々が微妙に凍っている。路面凍結とまでは行っていないが荒い運転をしたら間違いなくスリップしそうな雰囲気だったから、いつもよりもゆっくりと転がした。電車の時刻までは十分余裕があったから焦ることはなかった。
     だが問題がまだ残っていた。右に曲がろうと思ってウインカーのボタンを動かそうとしたら、これがまたガチガチに凍って動かないではないか。左手でボタンをいじくるも動かず。変にそれに気を取られてしまったら転んでしまいそうな路面だ。あきらめてそのまま転がした。曲がる時はゆっくりと前後左右を十分確かめて曲がった。
     駅前について原チャリを原チャリ置き場に置いた際、ようやくウインカーのボタンが動いた。
     こんな経験は初めてだった。それだけ今朝が異常に寒かったってことなのだろう。
     仕事帰りも寒かった。吹く風の何と冷たいことか。まるで昔々この時期に何度か行った琵琶湖バレイスキー場にいるみたいな感覚だった。顔にあたる風が冷たいというより痛かった。髪の毛が空くなった頭が体以上に寒さを実感したものだから迷わず持参していた毛糸の帽子を被った。格好なんて気にしていられない。
     電車を待つ駅でスマホを見ると画面に「0℃」という表示があった。この辺りの気温が午後8時半にして0℃になったということは僕の自宅周辺は、そこから2~3℃は低いので少なくともマイナス2℃以下ということだ。そして夜中になると更に下がるだろう。今宵は真剣に水道管などの凍結を気にしなくてはいけないかもしれない。少なくともホースの中の水やバケツに入れたワンコの飲み水なんかは明朝間違いなく凍っているだろう。
     ああ、いやだいやだ。前にも書いたが僕は寒いのが嫌いだ。ただでさえ寒い日はやる気がでないのに、更にこんなに寒くなると余計にやる気がなくなってしまう。
     ちなみに日本海側や北陸はもちろんだが広島や長崎でもかなりの積雪があったみたいだ。明日はもっと寒くなる。僕が住む地域も積雪の可能性が十分ある。ああ、いやだいやだ。

     仕事がまた混沌としそうだ。年末に一旦落ち着いたのだけれど、新たな難題が降りかかってきた。見積もりもせずに要求ばかりを簡単に言ってくる奴らには辟易する。作業量の見積もりもせずに、よくもまあ工数だの進捗云々が言えるものだ。中身をわかっていないのだから簡単にできるわけがないのだ。相応の時間がかかることくらい普通に考えたらわかるではないか。
     おかげで今月も自社に戻れそうにない。IT業界の会社だと僕のように日頃客先に常駐している人間は、たいていの場合月に一日は自社に帰社する。戻って何をするわけではないが、上司に現場の状況を報告したり、問題があれば必要に応じて会社に対処してもらうというような相談をしたりする。もちろん会社側からも現在の状況、例えば業績の事や人事連絡などの話をしてもらったりする。僕のようなずっと外に出ている人間にとっては何とか自分がこの会社に属しているのだと認識できる短くも、ある意味大切な時間だったりする。
     しかし、そういった時間も基本は業務が優先だ。担当業務が火を噴いたりしたら帰社日であろうが業務優先だ。以前勤めていた会社では1年以上自社に帰社したことがないということが珍しくなかった。当時の上司もいい加減な野郎だったから電話はもちろんメールでの連絡もなくて、1年近くまったく会話をしなかったってこともあった。
     まあIT業界なんてそんなもんだ。だが最近は少々事情が変わってきた。例の某大手広告代理店の件で周囲の声が若干うるさくなってきた。だからか今の勤め先は、あまりに帰社しない時期が続くと連絡が来る。問題が起こってからでは遅いと思っての事か、それとも本当に僕のことを気遣ってか……。
     願わくば後者であって欲しいが高望みはするまい。

     そんな仕事が混沌としようとしている中、またまた不眠が顕著になってきた。年末から年始にかけて一旦快方に向かいかけたのだけれど、ここに来てまたもや悪化し始めた。
     昨夜は午前11時に布団に潜り込み、スムーズに寝入れたのだけれど午前3時に、またもや訳の分からない夢を見た後いきなり目が覚めてしまい、それからまったく眠れなかった。一昨夜は午前4時だった。今夜は何時まで眠れるだろうか。できることなら睡眠薬を服みたいが明日が仕事の日ではそういうわけにはいかない。
     何でもいいから、ぐっすりと眠りたい。できれば数日間くらい意識をなくしたいものだ。でもそんなことになったら生活が崩壊するよな。

    関連記事

    theme : 日記
    genre : 日記

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    ランダムな広告3

    プロフィール

    イクタシバ イタル

    Author:イクタシバ イタル
    イクタシバ イタル
    いくたしば いたる 
    50代半ばのオッサン。
    今も現役のSE&PG。
    好き勝手なことを書いています。
    望んでいるのは結局穏やかな暮らしなのでしょう。

    最新コメント
    最新記事
    カレンダー
    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    アクセス数
    リンク
    RSSリンクの表示
    ランダムな広告1
    ランダムな広告2


    Hulu
    楽天売れ筋
    楽天