2018-01-08

    2018年1月8日(月)日碌

    ■成人の日。

     午前7時半頃に用を足したくなって目が覚めた。トイレに行き、その後もう一度寝床に戻ったが完全に目が覚めてしまったので、しばらく布団の中でウダウダした後、午前8時頃に起床。家人もほぼ同時に起床。
     外は昨夜の天気予報どおり雨。よってワンコの散歩はなし。顔を洗って着替えた後、ワンコにエサをやり自分も朝食を摂った。そして掃除機掛けをしたら午前9時半頃には一息ついた。
     新聞を読みながらテレビの天気予報を見ていると、今日のこの雨が去った後、明日から今シーズン最強の寒波がやってくると告げていた。この冬は例年に比べて寒い日が多い。昨年の今頃はこんなに寒くはなかったように記憶している。こんな日がまだまだあと3ヵ月近く続くのかと思うと気が滅入る。と言うのも僕は寒いのが苦手だからだ。「極寒と酷暑のどちらがいいか」と訊かれたら、もちろんどちらも嫌なのだけれど、「どちらかを必ず選べ」と言われたら、まず極寒は選ばない。だから寒い場所に行きたいとも思わない。僕が20代だった頃、まだスキーが流行っていて、この時期になると皆こぞってスキー場へと出かけて行ったのだけれど、僕はまったくと言っていいほど行かなかった。このクソ寒い日にどうしてわざわざ寒い所に行かねばならないのかと思っていた。
     初めてスキーに行ったのは確か働き出して2年目の頃だ。まったく行きたくなかったのだけれど当時会社のレクレーション担当をしていたがために嫌でも参加せざるを得なかった。しかも嫌々参加した僕に待ち受けていたのは転倒による中程度の打撲と眼鏡を失くすという最悪の出来事だった。打撲は後日病院に行ったところ酷い内出血をしていることが判明して完治するのにけっこう時間がかかってしまった。そんな経験をしてしまったから「スキーなんて金輪際するか!」という思いと「寒いのなんて大嫌い!」という思いが一層強くなった。スキーを後々「一度くらいは娘をスキーに連れて行ってやらねばなるまい」と決心して受け入れたのに対し、「寒い」ということに対しては今でもけっこう大きめの拒絶感がある。一時の寒さは我慢できても、それが長引くともうダメだ。だから僕は絶対に寒い地域に住むことはできない。
     一度日本海側の某都市に仕事で1年ほど住んだことがあるのだけれど、冬のドカ雪にうんざりしたことを覚えている。ある冬の日なんぞは明け方に尋常な寒さで目が覚め、暖房をつけて出勤時間まで部屋で暖を取っていたのだけれど、出かけようとして部屋のドアを開けると、そこには自分の腰くらいの高さまで積もった雪があった。それを見て唖然としたことをその光景と共に今でもはっきりと覚えている。その腰の高さまで積もった雪を掻き分けて僕は道に出たのだ。
     大きな道に出るまでいったい何分かかっただろう。そしてどうやって大きな道にまでたどり着いたのか今ではすっかり忘れてしまったが、こんな思いは二度としたくないというあの時の感情は未だ忘れたことがない。
     今シーズン最強の寒波がもうすぐやってくるらしいが、どうか大雪とならないことを願う。今住んでいる地域はもちろん豪雪地域ではないからドカ雪が積もるということは、まずないのだけれど、田舎の部類に入る地域なので10センチ程度の積雪は珍しくない。その程度なら何とか凌げるが、それ以上となると微妙に困ってしまう。その積雪の様を見るだけで僕は憂鬱になるのだ。もうこれは精神的疾患と言っても過言ではない。どうか僕をそんな精神状態にしないで欲しいと思うのだけれど、こればかりは自然現象なのでどうにもならん。僕が大金持ちなら冬の間だけハワイに滞在するっていうようなことができるだろうが……。
     そう言えば年末ジャンボ宝くじの結果をまだ確認していなかった。もし一等が当たっていたら次の冬はハワイに滞在するかな、アハハハ。

    ■昼食後に実家に行って実父のパソコンのメンテナンスを施した。実父が言うには「繋がっていません」というようなメッセージが何度も出でネットが使えないということだったのだけれど確かめているとネットは普通に使えていた。しかしながら処理レスポンスが非常に遅い。起動自体からしてけっこうな時間を要する。この現象も実父を悩ましていたそうだ。
     早速トラブルシューティングを実施。タスクマネージャーで見てみるとディスク使用率が100%という例の症状が発生していた。またwindowsUpdateで同じ更新が何度も失敗していることも判明。これらが処理レスポンスを著しく悪くしているように思えた。
     早速対処を実施。ディスク使用率100%については今までに何度もやったことのある諸々の方法を実行した。だが症状の改善は見られなかったから、おそらくはwindowsUpdateが影響を及ぼしているものと判断。どうやら最新のバージョン(Fall creators update)にしようとして、それがうまく行っていないようだ。自動更新がうまくいっていないようなので手動でUPDATEモジュールを動かしてみた。
     これには結構時間がかかってしまい、午後3時半になっても終わらず。
     夕方に車検の見積もりのためディーラーに行くことになっていたため、パソコンはそのまま手動UPDATEを動かしたままで置いておき、僕は一旦自宅に戻って家人と共にディーラーに向かった。
     車検の見積もりをしてもらったところ、事前にネットで調べておいた他社の見積額よりもかなり高かっただめダメ元で値切り交渉を実施。すると基本料金に関してはあっさりとこっちの要求額をのんでくれた。
     正直言って最初に提示してきた値段って何なのかと思ってしまった。こっちが事前に他社の値段を調べて、それを提示していなかったら、おそらくここまで安くしてはくれなかったのではないだろうか。法定額はどうしようもないが、他の金額(作業料だとか技術料とか)に関しては値段なんてあってないようなものだと、つくづく思った。
     残りは消耗品だとか部品交換に関する金額だ。こっちがやって欲しいと思っていたことをやってもらうと完全に予算がオーバーする。これをどれだけ勉強してくれるか……。攻防は車検当日まで続きそうである。
     
     車検の見積もりが終わると僕は再び実家に赴いた。手動UPDATEを動かしたままとしていたパソコンはログイン画面になっていたので正常にUPDATEできたのだと思ったのだが起動してバージョンを確認したら古いまま。
     どうやらうまくUPDATEされなかったようだが、ログイン画面になるまでの途中を見ていなかったので原因等は不明。もう一度再起動させてみたが結果は変わらなくて、パソコンは相変わらずwindowsUpdateをしようと動き、それが余計な処理となって全体のパフォーマンスを落とているというような状況だった。
     これはもう何とかwindowsUpdateを正常に終わらせなければ埒が明かないと思ったが、すぐに対応策が思い当たらなかったから実父にはこの状態でしばらく様子を見て欲しい旨を話した。パフォーマンスは良くないがネットには繋がっているし処理は遅いものの使えてはいる状態だ。当面はこれで我慢してもらうしかない。
     
     午後6時過ぎに実家を後にした。

     今日は予想していたとおりパソコンやら車検の見積もりやらで一日が終わってしまった。何だかちょいと疲れた。
     もうすぐ今シーズン最強の寒波がやってくる、明日は仕事だ。ただでさえ憂鬱になるのにメチャクチャ寒い日になると聞くと行くのが更に嫌になる。ああ、もっと休みたい。3連休なんてやっぱりあっという間に終わってしまって、気が付けばもう憂鬱と言う名の恐ろしいほど深くて暗い底へと落ちて行っている。できれば5000連休くらい欲しい。いや永遠に休みであって欲しいなあ。

    ■実家に行った際、同じ町内に住む実姉とその長女及び最近長女が産んだ赤ん坊の3人が来ていた。久しぶりに赤ん坊を抱っこした。昔々、娘が赤ん坊だった頃は臆せずに抱っこできたものだが今はもうダメだ。下手に抱っこして落としでもしたらシャレにならんのだ。だから慎重の上にも慎重に抱っこした。

     赤ん坊の人生はこれから始まる。この先何年生きるのかは知らないが願わくば良い人生を送って欲しい。でもきっと僕ら以上に大変な人生を送るんじゃなかろうか。それを思うと何だか赤ん坊が気の毒に思えて仕方がない。残念だが頑張って生きろよとしか僕には言えない。

    関連記事

    theme : 日記
    genre : 日記

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    プロフィール

    イクタシバ イタル

    Author:イクタシバ イタル
    イクタシバ イタル
    いくたしば いたる 
    50代半ばのオッサン。
    今も現役のSE&PG。
    好き勝手なことを書いています。
    望んでいるのは結局穏やかな暮らしなのでしょう。

    最新コメント
    最新記事
    カレンダー
    06 | 2018/07 | 08
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    アクセス数
    リンク
    RSSリンクの表示
    よろしければポチっとね
    よろしければポチっと

    FC2Blog Ranking

    広告1