2018-01-06

    2018年1月6日(土)日碌

    ■昨日は仕事始めだったが、今日からまた3連休だ。
     しかし家人は今日は仕事なので僕もほぼほぼいつもと変わらぬ時刻に起きた。そして例によっていつもの休日のお勤めをこなした。
     家人を見送った後、今日はPCのメンテナンスを行った。現在のところ家には3台のノートパソコンがある。内訳としては、家人との共用ノートパソコン。僕専用の「文書書き」等に使うノートパソコン。そして、かつては娘が使っていたが、ほぼ使わなくなり、その結果僕が諸々の開発環境お試し用として使っているノートパソコンである。
     この3台の中でも、かつて娘が使っていたものが、windows10にしてからレスポンスが極端に悪くなっていた。世間やネットでよく目にする「ハードディスク使用率が100%のまま」の状態が長く続くので何を動かすにせよ非常に時間がかかるようになってしまったのだ。
     このパソコンを使う機会は週に一回あるかないかというレベルなので、さほど困ってはいなかったのだけれど、使うとやはりそのあまりに遅い処理にイライラしてしまうのである。もちろん作業効率もかなり悪い。エクスプローラーを開くのに下手をすると数十秒かかったりするものだから作業が全然はかどらないのである。そのためいつか時間が取れたら一度本格的に調べてみようと思っていた。今日はそれをやるのにちょうど都合が良かったのだ。
     とは言え、実はもう既に世間やネットで報告されている対処法は施していた。
     例えば(ネットで「ハードディスク100%」等で検索すればすぐに出てくると思うが)windowsのサービスである「Peer Name Resolution Protocol」や「Peer Networking Grouping」、「Peer Networking Identity Manager」を無効にするとか「SuperFetch」をも無効にするといった類だ。
     実際にこれらをやって効果があった人はいただろう。しかし僕がやった限りではあまり効果はなかった。おそらくwindowsUpdateの確認が動いたりしていて、それがためにディスクの使用率も上がるのだろう。それが証拠にwindowsUpdateの確認やUpdateそのものが終わるとハードディスクの使用率は極端に減るのである。だからwindowsを起動して、30分もすれば「ハードディスク使用率が100%」という現象は一旦は解消される。
     しかしこれがまたいつ再発するかはわからない。それに他のPCではここまで酷くはならない。例えば僕が専用に使っているノートパソコンだと(普通のHDDではなくeMMCという媒体を使っているせいか)、この現象はまったく起きない。家人と共用しているPCも起動してから2~3分は同様の現象が出るものの、その後は解消されるのだ。それぞれメーカーが違うがために独自のドライバーを使用していることが影響している可能性もあるだろう。だからできるだけ不要なサービス類は無効にした方がいいと思い、更に他になにか余計なサービスが動いていないかどうかを調べてみたのである。
     その結果、一つ怪しいと思えたのが「microsoft compatibility telemetry」というサービス(プロセス)だ。PCを起動させた後、タスクマネージャーの「プロセス」タグを見ると必ずと言っていいほど稼働していて、しかも割と使用率を食っていたのだ。
     いったいこれは何のために動いているサービスなのだろうと思って調べてみたところ「Windows 利用中の互換性に関する問題や情報のテレメトリー (Microsoftにおける匿名化された情報の収集を指す)」のために動いているものだと判明した。つまりユーザーの使用環境における互換性の問題とか情報を収集してmicrosoftに送付するための処理が動いているということだ。
     こんなものは利用者側にとっては必ずしも必要なものではない。確かに収集した情報が最終的には快適にPCを動かすための各種材料となるのだろうが、そのために今の稼働環境が劣悪になっては本末転倒というものである。Microsoftに情報を提供した方がいいのかもしれないが、その義務はない。
     そういうことで、この「microsoft compatibility telemetry」というサービス(実際には「microsoft compatibility appraiser」というタスクを無効にした。するとwindows起動時に必ず起こる「ハードディスク使用率が100%のまま」という状態になっている時間がかなり短くなった。今までは10分を下ることがなかったのだけれど、それが数分レベルになった。やはり余計なものを動かさなくすると、その分パフォーマンスは良くなるようだ。
     しかしこれもwindowsUpdateの確認が動いたり、実際のUpdate処理が動いてしまったりすると、その間はやはり頻繁にハードディスクにアクセスするからか「ハードディスク使用率が100%のまま」という状態からは逃れられないようだ。この辺りは仕様なのだろうな。もしかしたらwindowsUpdateの設定を変更すれば、もっとましになるかも知れないのだけれど、そこまでやる気が今日は起こらなかった。他にしたいこともあったから今回はここまでだ。
     とりあえず少しはパフォーマンスが良くなった。当分はこれで様子をみることにした。

     これらの作業が終わったのが午後2時半頃。

     それから特に何をするでもなくテレビを観たりビデオを観たりして過ごした。
     どこかに遊びに行きたいなあと思ったが、先立つものはない。こういう時は寝正月の延長に限る。

     そんなふうに思っていたら家人が仕事から戻ってくるなり、以前家人の仕事用に作り始めていたEXCELのプログラムの対処をすることになった。僕が思っていた仕様と実際の作業内容が若干違っていたため、その修正を夕食後から始めた。使い勝手が良ければ同僚にも話してみようと思うと言っている。そうなるとあまり変なものは作れないな。あくまで趣味レベルのもので、かつ家人が使う程度と思っていたから、あまり突き詰めてバグ出しをしていなかったのだけれど、これは相応にやっておいた方が良いかも知れない。

     夕食はカレーライス。
     ここ数年、カレーライスというと、ほぼレトルトカレーだった。しかし今夜は久しぶりに家人がカレーを作った。いったい何年振りか。
     と言うのも、つい最近テレビで高血圧にはカレーに使われているターメリックが効くというのを観て、その際に「ここ数年、家でカレーを作っていない」、「久しぶりにレトルトでないカレーが食べたい」とどちらともなく言いだしたのだ。それを家人がきっちり覚えていて、今宵の夕食に登場したわけである。
     久しぶりに家で作られたカレーを食べたが、やはりレトルトよりも数段うまかった。今宵は娘がおらず、甘口カレーをブレンドする必要がなかったのでジャワカレーの中辛をそのまま使って作ったそうだ。(娘は辛いのが少々苦手なので家でカレーを作る際は、たいていジャワカレーの中辛に何かしらの甘口のカレーとリンゴなどの果物をすりおろしたものを加える。今回はその「何かしらの甘口のカレー」を加えなかったのだとか……)
     久しぶりにうまいカレーを食べたせいか、おかわりまでしてしまった。この2~3日で正月太りをけっこう解消させたのだけれど、これでリバウンドしたかも知れない。でもいいだろう。また明日から調整しよう。今宵はうまいものが食べれて満足だ。

    ■星野仙一氏が亡くなられた。突然の訃報に少々ショックを受けた。氏が阪神タイガースを優勝に導いた2003年当時、タイガースファンの僕は久しぶりにかなり熱中し、テレビ観戦だけでなく甲子園へも足を運んだものだった。リーグ優勝を決め、胴上げされて宙に舞う星野監督の姿をテレビで観ながら周りに憚ることなく泣きながら両手を挙げてでかい声で何度も「万歳!」と叫んだことが懐かしい。今思い出しても泣きそうになる。星野さんが亡くなられたから尚更だ。
     阪神に来られるまでは、どちらかというとあまり好きでないタイプのように思っていたのだけれど、まさに「闘将」と思えたあの姿、そしてそれに導かれるように再生して行くタイガースを観て、僕の星野監督への見方はすぐに180度変わった。ファンクラブに入会した際に選ぶ背番号は迷うことなく星野監督の「77」にしたくらいだ。だから優勝したその年で監督を退任された時は残念だった。もっともっとタイガースを鍛えてくれと思った。それから数年後、日本代表の監督をされたり楽天に移られたりして阪神との関係は薄れてしまったけれど、もう星野さんは(肩書は楽天の副会長ではあっても)野球界全体に関わるレベルの人なんだと思った。昨年の殿堂入りなんて遅すぎるくらいだとも思った。それくらい野球界にとっては重要な人だと思った。
     まだ70歳。あまりに早すぎる。残念だ。
     心からご冥福を祈りたい。

    今も大事に残している当時のファンクラブの特典
    funclub01

    背番号はもちろん星野監督の「77」だ!
    funclub02



    関連記事

    theme : 日記
    genre : 日記

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    星野仙一氏…。
    特別な人でした…。

    Re: タイトルなし

    大伴細人さん こんばんは。
    コメントありがとうございます。


    > 星野仙一氏…。
    > 特別な人でした…。

    そうですね。
    本当に特別な人でした。

    ランダムな広告3

    プロフィール

    イクタシバ イタル

    Author:イクタシバ イタル
    イクタシバ イタル
    いくたしば いたる 
    50代半ばのオッサン。
    今も現役のSE&PG。
    好き勝手なことを書いています。
    望んでいるのは結局穏やかな暮らしなのでしょう。

    最新コメント
    最新記事
    カレンダー
    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    アクセス数
    リンク
    RSSリンクの表示
    ランダムな広告1
    ランダムな広告2


    Hulu
    楽天売れ筋
    楽天