2018-01-01

    2018年1月1日(月)日碌

    ■謹賀新年。

     無事に新年を迎えることができた。皆さまはいかがだったでしょうや?

     某局の歌合戦を何気に観ながら(と言うか例によって僕にチャンネル権なんてないので半ば強制的なのですが……)大晦日の夜を過ごし(本当は違う局の某孤独グルメドラマが観たかった)、これまた例によって某アイドル系事務所主催のカウントダウン番組を観ながら新しい年を迎えた。ここに引越してきて既に10年以上経つが、引越してきた頃から変わらない年末年始の(ある意味)風景である。
     その後僕は午前1時半過ぎまで起きていた。家人はもう少し早く就寝し娘はその頃には自分の部屋に戻っていた。
     ならばと思い、録画していた某孤独グルメドラマを観始めたのだけれど珍しく眠気に襲われてしまい、途中で寝床に向かった。
     今から寝て、もし夢を見たらそれが初夢なのだろうかという、どうでもいい疑問を頭に残しつつ僕は記憶を失った。

     目が覚めると遅い朝だった。はっきりとした時刻は覚えていないが午前9時前くらいではなかったかしら?
     今日は家族3人で家人の実家に行く日だ。毎年の元日の恒例行事だ。だがその前にやることがある。元日といえどもいつもの家用はこなさねばならない。
     まずはワンコの散歩。昨日はあまり天気が良くなかったが、今日は快晴だ。寒さもさほどではない。ちょっと歩くと寒さを感じなくなった。いつものコースを中心に約30分ほど歩いた。 
     家に戻ってワンコにエサをやり、それからやっぱり掃除機掛けだ。
     それが済んだら午前10時半くらいだっただろうか、やっと娘が起きてきた。

     それからしばらくして家族3人で食卓を囲んだ。ささやかなお節料理と雑煮。いつもならここに鰤の味噌漬けと数の子があるのだけれど、今年は数の子はなし。鰤の味噌漬けは午後からの料理摂取を考えると、明日にした方がいいだろうという結論に達した。だから今回の元日の朝昼兼用は前述したとおり、ささやかなお節料理と雑煮。
     と言ってもカロリー的にはまったく遜色ないだろう。雑煮には餅が2つ入る。そこにお節料理がささやかでも付くのだ。若い人ならともかく、僕のような年代の人間にはこれで十分だ。
     ちなみにお雑煮は白みそ仕立てだ。やはり関西だからなのだけれど、実は明日はこれが「すまし」になる。と言うのも家人の両親(つまり僕から見た義父母)は元は長野県の出で雑煮と言えば基本は「すまし」だったそうだ。だからか結婚して初めての正月に家人から訊かれた。「白みそ仕立ての雑煮は、どう作ればいいのか」と。
    「単に白味噌で作ったらいいんちゃうか」
     僕が何も考えずにそう言うと家人はその通り出汁に白味噌だけを入れたものを作った。食べると白味噌の甘味ばかりがやたら目、いや舌につく代物で「何だかちょっと違う?」と思ったものだった。
     後日家人が僕の母に訊いたところ、普通の味噌と白味噌の合わせ味噌で作るのだということを聞かされ、家人から「何だ、やっぱりそうだったんじゃないの」とお叱りを受けた。よくよく考えれば母親が作っていた正月の雑煮のことなんて僕は全然わかっていなかったわけで、要は適当に知った被りで答えていたわけだ。
     こういった経緯があったからか、翌年以降はまともな雑煮にありついている。白味噌仕立ての雑煮はやっぱりうまい。
     しかし関東風の「すまし雑煮」も、それはそれで非常にうまい。
     大昔は「すまし雑煮」というものに偏見を持っていた。あんなサラサラな出汁で食べる餅が旨そうに見えなかったのだ。いわゆる「食わず嫌い」というやつだ。だが結婚してから家人が作る「すまし雑煮」を食べ出して考えが変わった。「これはこれで白味噌仕立ての雑煮と同じくらい旨い」と。

     昼過ぎに家族3人で車で家人の実家に向かった。家人の実家に行くまでに2種類の高速道路を通るが、どちらもまったく渋滞なし。
     ほぼ予定通りの時刻に到着。しかし義父の様子があまりよろしくなかった。
     実は前日から家人が何度か電話をかけていたのだが、まったく繋がらず、それで結構心配していたのだけれど、前夜になってようやく電話が繋がり、少々きつめの風邪を引いてしまっていることが発覚。大丈夫かしらと思いつつ実際に訪れてみると、今日になってかなり和らいだということだが喉はガラガラに近く表情もあまりよろしくなかった。それでも何とか大丈夫というので、それからしばらくした後、予約していた店へと向かった。

     店には既に義姉夫婦、姪っ子姉家族、そしてまだ独身の姪っ子が来ていた。
     約2時間ほど皆でしゃぶしゃぶを堪能。食べ放題、かつ飲み放題で、更には小鉢も食べ放題。これで一人税抜き2590円。味は「絶品」とは言い難く、はっきり言って「そこそこ」なのだけれど僕みたいな庶民にとっては、これで十分だ。しかもリーズナブル。お腹もいっぱいになった。いやはっきり言って「食い過ぎ」だ。年末から本当に「食い過ぎ」だ。毎年のことではあるが今年も間違いなく正月太りとなるだろう。

     宴会終了後、一旦実家に戻る。本来なら皆で引き続きワイワイするところであるが、実父がやはり風邪で辛そうなので遠慮して夕方に義姉の家に向かった。
     そこで久しぶりに「ババ抜き」をした。「ババ抜き」とはトランプの「ババ抜き」である。トランプなんて何年ぶりだったか。この前いつしたのかまったく記憶にない。
     大昔は正月と言えばこういう遊びをしたものだった。トランプ、カルタ、ボードゲーム、そうそう、花札もよくやったものだった。外で凧揚げもよくやった。もちろん奴凧だ。新聞紙を細い短冊のように切ってつなぎ合わせ、それを凧にくっつけて安定感を増し、正月の風の中を必死になって空に向かって揚げたものだった。そんな正月の風景は今ではすっかり見なくなってしまった。トランプやカルタ類はゲームに取って代わられた。凧揚げは奴凧からゲイラカイトの類に変わったが、それも今やすっかり見なくなった。揚げたくても揚げる場所がない。あっても諸事情で凧揚げ等の類が禁止という場所ばっかりだ。それどころか球技もダメという所がほとんどだ。これではいったいどこで遊べというのか。もはや自由に遊び回るところは仮想現実の世界にしかないのかも知れない。

     午後9時半頃に義姉宅を後にした。すっかり遅くなってしまった。
     午後10時半頃帰宅。思いの他ワンコには長い留守番をさせてしまった。いつもなら一緒に連れて行っていたのだけれど、今年は義父の体調のことや外で食べるということ、更にはワンコ自体が丁度生理の真っ最中ということで止む無く留守番とさせた。
     僕らの姿を見つけるなり「キュンキュン」鳴き始めた。
     ごめんよ、寒かったろう。お腹も空いたよな。
     そう心の中で呟きながら、すぐにワンコにエサをやった。

     2018年の第1日目は、こんなふうに過ごした。ほぼいつもと変わらぬ1月1日だった。
     さて明日はどう過ごすかな。


    関連記事

    theme : 日記
    genre : 日記

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    よろしければポチっと
    よろしければポチっとね
    広告1