2018-05-02

    2018年5月2日(水) 日碌

    ■ゴールデンウィークの中日。休みではなかった人も多々おられただろうが、4月28日から5月6日の9日間の丁度真中の日なので「中日」と書いた。

     あっという間に半分が終わった。この調子で残りの半分もあっという間に終わるだろうことなど、もう既に僕はわかっている。

     特に書き留めておくことはない。いや実は色々書いたのだけれど結局ボツにした。書いてはみたものの、読み返してもあまりにどうでもいいことばかりに思えたからだ。普段からどうでもいい事ばかりを書いているのだから「あまりにどうでもいいこと」であっても大した違いなどなかろうと思われるのだけれど、本当にどうでもいいことを書いていて自分の内にさえ残りそうにないので、それでボツにした。

     現在19時半。
     この時間になって雨足が強くなってきた。明朝までこの雨は続くらしい。

     何か面白いことがないだろうか。

    theme : 日記
    genre : 日記

    2018-05-03

    2018年5月3日(木) 日碌

    ■ゴールデンウィーク後半に突入。

     休日ではあるが、ほぼいつもの時刻に起床。昨日の雨の名残があったものの雨自体は既にやんでいた。気温は少々低め。
     朝のワンコの散歩に出ると久しぶりにご近所の中学時代の同級生の女性のお母様と出くわした。おそらくゴミを出した後だったのだろう、「手が汚れているから……」と言いつつワンコを撫でてくれた。同級生の女性と僕が同級生であるということを僕に思い出させてくれたのは何を隠そうこのお母様。実は僕はここに戻ってきてから数年の間、そのことに気が付いていなくて、たまたまワンコを散歩させていた僕の娘に、そのことをチラリと話し、それを娘から聞いた僕がやっとその事実を思い出したのである。彼女のお母様が僕の娘にそれを話していなかったら、おそらく今も僕は気が付かないままでいただろう。
     その後、いつものように掃除機がけをこなした後、時間をかけて衣服の入れ替えを行った。ついでにもう着なくなって何年も経つものを中心に衣類の整理をした。比較的絶対数が少ない僕だけれど、やはり気が付くといつの間にか溜まってしまうものだ。まだ着られるかなと思いつつ、もう何年も着ていないものは思い切って捨てた。もちろん何年も着ていなくても思い入れのある服は残した。そういうものは着なくなっていても、ある意味オブジェとして残す。それは実は精神的支柱の一つだったりするからだ。
     それにしても同じような服ばかりがあることが目立つ。これはファストファッション流行による悪い結果である。こういう光景を見ると、これまで僕らはいかにファストファッションに操られていたかがよくわかる。悪い言い方をすれば洗脳されていたと言っていいだろう。安いからということとCMに代表されるイメージ戦略にすっかり乗せられて中国で大量に作られた画一的なファッションの服を、いつの間にかしこたま買いこまされていた。気が付けば群衆に向かって石を投げれば、ほぼ100%の確率でファストファッションを身にまとった人間に命中するような世の中にまでなっていた。そして自分もその一人だった。こうやって服を整理しながら僕は「もうファストファッションや、イメージ戦略には騙されへんぞ!」と固く誓った。
     CMに出ている奴らは一般人に見えて、ほぼすべてCMタレントだ。老人も中年も若者も子供も赤ん坊も、本当の家族に見えてすべて他人であるCMタレントだ。人間だけでなく家族の一員の如く存在するワンコやニャンコ等のペットも動物プロダクションに所属する獣たちだ。CMの世界では縁もゆかりもない人間や動物たちが、さも繋がっているように見せて企業やその商品ののイメージを上げるための台詞を吐き続けている。数ヵ月前に「ICTで……」と笑顔で話していた女性なんぞは、今度は一般主婦のふりをして化粧水の効能を語っていた。下に「個人の感想です」という注意書きと共にだ。
     ああいうのを見ると僕はもう虫唾が走るようになってしまった。そのせいか最近はNHKをよく観るようになった。NHKだとCMが入らない。それに番組自体もそれなりのものを作っている。芸人どもがわんさと出てきてギャアギャア騒ぎ立てるだけのワンパターン番組ばかりの民放とはエライ違いである。ああいう番組のいったいどこが面白いのか僕には未だにさっぱりわからない。歳を取ったからかと一時思ったが、バリバリの20代である娘に訊いても、やはり「何が面白いんかさっぱりわからへん」という答えが返ってくるし周りに「面白い」という人間もいないと言う。そういう番組ばかりを、なぜ民放は作り続けるのだろう。

     おっと話がちょいと逸れた。
     そんなこんなで服の整理を済ましたら、昼前になった。昼食になるまでの間、これを書いている次第。

    ■テレビはどこもかしこもTOKIOの山口達也事件で持ち切りだ。ジャニーズもそれそろ翳りが見えてきたかしらね。そもそもSMAPの解散の頃から思っていたが、(僕ごときが今更書くことでもないのだけれど)各放送局は、たかが一芸能プロダクションに、どこまで忖度し続けるのだろう。確かに所属タレントによる世間への影響度は高いとは思うが、いつまで振り回され続けるねんと思う。世の中、ジャニーズファンばかりではないのだよ。
     それにしても世の中の風潮も少々おかしい。彼らは芸能人だ。そもそも芸能界なんてものは「色」と「欲」と「金」が渦巻く世界であり、極端なことを言えば世間とはかけ離れた非常識な世界だ。そしてそこに生きる芸能人たちも言ってみれば常識からかけ離れた人間たちだ。そんな人間たちに「社会の範」となれとでも要求しているような今の風潮に僕は首を傾げてしまう。彼らは公務員ではないし聖職者でもない。一般社会で生きている僕のようなサラリーマンでもない。前述したとおり「色」と「欲」と「金」にまみれた世界に生きている人間だ。昔なら「輩」と言われていた人達だ。コンプライアンスが求められる時代になって、それなりに業界も変わっただろうが、だからと言って手本を求める先だとは僕には到底思えない。どうも芸能界というものを「高尚なゾーン」としているような風潮と言うか今の時代の雰囲気と言うか、そういうものにクエスチョンマークが付くのである。
     もちろん僕は彼らを擁護するつもりなんて更々ない。今回の件をも含めて犯した罪が芸能人だからと言って許されることなんて絶対にあってはいけない。何人も犯した罪に対する償いはしなければならないと思っている。

     さてこの話題、テレビをはじめとするメディアはいつまで引っ張るのかしらね。先週だったかは関ジャニのメンバーによる脱退会見みたいなもんがあったけど、今回の件で塗り変わっちまったね。
     色々世間を賑わさせているけれど、もうジャニーズの話題はいいよ。いい加減ウンザリだ。
     しつこく流れる「trivago(トリバゴ)」と「Indeed (インディード)」のCMを見させられるのと同じくらいウンザリだ。
     ギャラクシーのCMに流れている、高揚した声をわざとらしくがなり立てているのを聞かされるのと同じくらいウンザリだ。
     嘘ばっかりつき続けている財務省の官僚たちの姿を見せられ続けているのと同じくらいウンザリだ。


    ■ああ、いい天気になってきた。
     どっかに遊びに行きてぇなあ……。

    theme : 日記
    genre : 日記

    2018-05-04

    2018年5月4日(金) 日碌

    ■みどりの日。

     あれっ、「みどりの日」って4月29日ではなかったか? いや、4月29日は元々は昭和天皇の誕生日で昭和時代は「天皇誕生日」という祝日だった。それが平成になって「みどりの日」になって、そしていつの間にか「昭和の日」になって……、そのせいだか知らんが「みどりの日」が5月4日になって……。
     平成は来年で終わるらしいが、そうなるとこれらの祝日はどうなるのだろう。
     いやこの辺りの祝日は影響はない? 
     影響が出るとしたら現在の天皇誕生日である12月23日か。この日が「平成の日」とかになるのかしら。で、次の「天皇誕生日」という祝日はいつになるのだろう。

    ■今日は朝方がけっこう肌寒かった。今日もいつもの休日と同じように午前8時くらいに起床。ワンコの散歩や掃除機かけをこなす。

     午前10時頃、家人と二人で家人の実家に向かった。まだゴールデンウィーク中だから、もしかしたら高速道路が混雑するかも知れないと思ったが、幸いにして僕らが進む方向の高速道路はいずれも混雑はなかった。おかげでいつもと変わらず約一時間ほどで無事に到着した。
     今回は本当なら義姉も来る予定だったのだけれど直前になって都合によりキャンセル。よって今回は義父と家人、そして僕の3人でご飯を食べに行った。お昼のご飯は焼肉である。焼肉というと、いつも行っている店があったのだが僕らの中ではその店はあまり評判が良くなかったので今回は違う店を探した。できれば食べ放題の店に行きたかったのだけれど、あいにく昼間は営業していなかったためボツ。しかたがなく普通の焼肉屋を探したところ、以前よく行っていた100円回転寿司屋の裏手に焼肉屋があることが判明。口コミによる評判も悪くなく、値段もそんなに高くなかったので「チャレンジしよう」ということでその店に決めた。
     実際に行ってみると、一同「こんなところに店があったんだ」と少々驚いた。というのも以前よく行っていた100円回転寿司屋と同じ建物だったのだ。僕らはずっとその建物には回転寿司屋しかないのだと思っていた。その建物の道路に面した入口は回転寿司屋のものしかなかったからだ。
     しかし同じ建物の道路に面していない側には実は他の店があったのだ。しかも数件だ。そしてそのうちの1軒が今回我々が目的としている焼肉屋だった。入ってみるとすごくきれいな店で何でも昨年の7月にオープンしたばかりだとか。
     とにかく腹が減っていたので早速注文して焼肉を頂いた。特別変わった焼肉屋さんではない。どこにでもある焼肉屋さんだ。だが出された肉はどれもけっこう柔らかくて美味しかった。更には自家製キムチも非常に美味しかった。普段あまりキムチを食べない家人が「美味しい」と言って進んで食べていたくらいだ。おそらくそんなに辛くなかったからだろう。キムチ好きな人にとっては辛さが足りないと思われるかも知れないかなと思ったが、これはこれでありと思った。

     焼肉を食べる時、皆さんはやはりお供はビールなのだろうか?
     僕はそうではない。
     僕は断然「白飯」派だ。ほどよく焼いたロースやカルビ、ハラミなどにタレを付け、それを口の中に放り込むと同時に熱々の白飯をかっ喰らうのだ。大昔は「大人はビールだ!」という思い込みでビールを飲んでいたのだけれど、ある時から白飯に変わった。ビールは飲み続けていると苦みが目立ってくるから、せっかくの焼肉の味がそれで打ち消されてしまう。しかし白飯だとそれがない。タレの付いた焼肉と白飯でいっぱいになった口の中はまさに「幸せの宝庫」だ。その度に「う、うまい……!」という言葉がこっそり口から出る。こんなにうまい食い物が他にあろうかとさえ思ってしまう。今回はキムチと焼肉で中ご飯を二杯、ペロリと食べてしまった。
     それでも僕の腹はまだ満足せず、その勢いのまま更におかわりができそうだったのだけれど、このままではマジで自分のリミッターが外れてしまいそうに思えた。ゴールデンウィークに入ってからというもの、ろくに運動せずに食っちゃ寝していたから、ただでさえ肥えてきているのだ。このまま欲望に素直に従って食らい続けてしまったら間違いなく僕史上最高の体重になってしまうだろう。
     だがそんなことになってはシャレにならないのだ。これ以上ポッコリ腹を大きくしてはならないのだ。それに先日、同級生の女子に「不必要に肥えないでください」と懇願した身だ。なのに自分が不必要に肥えてしまっては筋が通らないではないか。
     食べようと思えばまだまだ腹には余裕があったが僕はそこでおしまいとした。腹八分目で丁度いい量でもあった。充分満足したのだ。お義父さん、本当にご馳走様でした。

     その後、義父の買物のため車でスーパー等を巡った後、義父宅に戻り、しばらくの間テレビで阪神VS横浜戦を観ながら雑談と世間話に花を咲かした。

    ■16時半頃帰途に就いた。帰りも高速道路は特に混雑することはなかった。しかしこの時期だからかやたらとスピードを出している車が多かった。昨今「あおり運転」が取り沙汰されているのに、モロそうではないかと思えるような車がけっこう多かった。ある車なんかは車間距離が2~3メートルくらいしかないのではないかと思えるくらい後ろに近づいてきた。方向指示器も出さずにいきなり右へ左へと車線変更し、何としても追い抜いて前へ前へととばしていく車も数台見かけた。急に横から割り込んでくる車もいた。

     まるでレーサー気取りだ。

     でもオマエらはそんな運転をしたところで所詮は素人ドライバーだ。プロのドライバーなわけがない。
     それにああいう運転を見ていつも思う。
    「そんなに急いで、いったいどこに行くのだ?」
    「そんな運転をしたところで目的地に着く時間がどれだけ短縮されるというのだ? たかが知れている程度だろ?」

     何でもいいが頼むから他者を巻き込まんといてくれよな。


     18時頃に自宅に到着。
     ワンコの散歩とエサやりをした後、19時頃に夕食。お昼にしこたま食べてしまったので夕食は、煮干しの大根おろし和え、たくあん、昆布、の「お茶漬け」で済ました。それで十分である。
     そして寝る前にヨーグルトを食べよう。ここ数日まともなお通じがないのだ。このままではやっぱり更に肥えてしまいそうなのだ。明朝は何としても排出しなければならん。ダメなら下剤か浣腸を真剣に考えねばならんだろうな……。


    ■明日は午前中からホームセンターに行き、枝豆の種とトマト等の苗を買い求め、先日堆肥と共に耕した家庭菜園の作業を行う予定。

    theme : 日記
    genre : 日記

    よろしければポチっと
    よろしければポチっとね
    広告1