2018-02-05

    2018年2月5日(月) まさかまさかの……

    ■「まさかまさか」であった。

     土曜日あたりから喉がイガイガすると言っていた家人。熱は37度台前半。世間的には高熱の域ではないが、先日書いたとおり平熱が35度台なので、37度台になると普通に「熱がある」状態と言える。動けないというような状態ではないが、やはりしんどいことには間違いないため、土日は基本的に家で養生をしていた。
     昨夜も早めに就寝したのだが、今朝はいつものように僕よりも早く起床して朝の用意をしていた。
    「大丈夫なんか? 熱は?」
     これまたいつもよりも15分ほど早く起床した僕は、そうやっていつものように家事をしていた家人にそう訊いた。すると家人は大丈夫だと言った。熱はまだ37度2分だと言う。
    「何だか37度くらいの熱に慣れてしもうたわ」
     本気か冗談かわからんことをも口にしながら、いつものように家事をこなす姿に一抹の不安を感じたが、僕が「よせ」と言っても聞くような人ではないので、そのまま本人の判断に任せることにした。今日になっても高熱にならないところを見ると、インフルエンザではなく普通の風邪だろうと家人も僕もそう思っていた。
     そして午前中に家人は近所の医者に行った。風邪を引いた際にいつもお世話になっている耳鼻咽喉科だ。僕もそうだが風邪を引いたら内科ではなく耳鼻咽喉科に行く。家人も僕も風邪を引くと鼻と喉をやられることがたいていなので内科よりも耳鼻咽喉科の方が有効なのだ。
     家人が薬の吸入治療(いわゆる「ネブライザー」)を受けている間、隣の診察室でどこかの誰かが「インフルエンザに罹患している」と医師から告げられているのを聞き、「へぇーインフルエンザか」と思ったそうだ。そしてそれから数分と経たぬうちに家人自身も予想外の結果を医師から告げられた。
    「インフルエンザA型にかかっていますよ」

    「まさかまさかの展開」であった。もちろんそれを家人から聞かされた僕にとっても同じように「まさかまさかの展開」であった。
     この土日の二日間というもの、僕はほとんどを家人と一緒に家の中で過ごした。家人の容態を見るに、まずインフルエンザだとは思わなかったから、まったくと言っていいほど警戒していなかった。「うつったとしても普通の風邪だし……」と油断していた。高熱が出なかったからまったくと言っていいほど疑っていなかった。本人もそう思っていた。それがインフルエンザA型とは本当に驚きであった。
     と言うのも家人はインフルエンザというものにかかったのは今回が初めてなのだ。本人曰く「物心ついた頃からインフルエンザにかかった記憶がまったくない」そうで記憶している限りでは今回が本当に初めてらしい。僕が家人と一緒になって以来、既に3度もインフルエンザに罹患しているのにだ。
     確か今までにもそういう話を家人としたことが何度かあった。僕は「きっと体質的にインフルエンザに対する耐性が強いんじゃないか」とよく家人に話し、家人は家人で「そうかなあ」などと答えていた。僕がよく風邪で高熱を出したりインフルエンザにかかったりする人間なものだから、ある意味家人の耐性の強さを羨ましく思ったものだった。しかし今回とうとう家人もインフルエンザになった。おそらく年齢的に体の抵抗力が弱ってきたからだろう。
     家人ももう若くはない。僕よりも年上だから僕以上にもう若くないのだ。見た目が僕よりも相当若く見える人なので、僕はいつもそれを忘れてしまうのだが実際は僕よりも年上なのだ。その事実をもうそろそろ僕は日々の生活の上できちんと意識しておく必要があるだろう。今回の件は、そのための、ある意味ちょうどいいタイミングだったのかも知れない。


     現在20時半過ぎ。家人の熱は37度台後半という状況だ。医者からは(薬を服んだので)夜には熱は下がると言われていたそうだが、今のところその気配はない。
     夕食は今夜はコンビニで買った。家人はほとんど食欲がないのだけれど、だからと言って何も食べないわけにはいかない。僕が料理上手であれば何かしら作ってあげられるのだけれど残念ながら僕にはそんな技量がない。大昔、一人暮らしをしていた頃なら少しは作れたかもしれないが、どっぷりと結婚生活に浸かってしまった今では作れるものと言えばインスタントの類くらいだ。それでいいのなら何か作ろうかと思ったが、いくら何でも夕食に、しかも病人に対してインスタントというのはやはり気が引けた。だからどうしようかと思っていたら、家人がさっさと財布からお金を出して、これでコンビニとかで何か買ってきてと僕に告げた。賢明である。
     それからすぐに車に乗って近所のコンビニに行き、娘の分を含めた3人分の夕食を買った。具体的に何を買ったか? 今回は伏せておこう。
     まだ娘が仕事から帰ってきそうにないから先に二人で食べた。夕食を食べ終えた家人は、今夜は風呂には入らず、体をさっと濡れタオルで拭いてから就寝。家人は明日も仕事が休みになったから、ゆっくり養生してもらいたい。
     ちなみに家人、僕に「インフルエンザがこんなにしんどいなんて、なってみて初めて分かった」と言った。
     いやいや、熱が37度台だからまだましだよ。僕は今までに3回インフルエンザに罹患したが、毎回最低でも39度くらいまで発熱した。2回目に罹患した際は確か40度超えを経験したけれど、その時も含めて、それだけの高熱を発してしまうと本当に本当にしんどかった。今回家人がそこまで悪くならなかったことは本当に本当に不幸中の幸いだと言っていい。

     おっと、そんなことを書いていたら何だか体に悪寒が走ったような気がした。まさかうつってないよなあ。でも可能性は高いよな。しばらくは用心して備えておくとするか。


    ■僕としたことが、このブログの設定でしょうもないミスをしていたことに今頃になって気が付いた。
     以前のように「拍手」ボタンを設置していたのだが、何とこのサービスを有効にしていなかったのだ。
     この1年ほど独自ドメインでの運営を含め、ゴタゴタとしながらブログを続けてきたことや、掲載する内容が超個人的な出来事を単に綴っている程度のものだったりで、はっきり言ってどうでもいい内容のものだったりして、だからもう以前みたいにコメントが寄せられることなんてないだろうし、「拍手」さえもないのも当然だと思っていた。だがそんな内容のブログでも以前は時たまポツンと「拍手」の数値が「1」になっていたりしたことがあったから、実際のところ本当に「拍手」の一つももらえないようなブログにしてしまったのかしらとも思っていた。
     ところが今日、たまさか設定の類を何気に見ていて気が付いた。

    「拍手」サービスを有効にしていないではないか。

     試しに自分で「拍手」ボタンを押してみた。すると「拍手サービスを公開していません。」と表示されるではないか……!

     これではいくら待っていたって「拍手」の数字は「0」のままだ。
     設定を見直したら「拍手の受付の設定」が「受け付けない」になっていたものだから早速「受け付ける」に変更して更新した。そして再度自分で「拍手」ボタンを押したところ、めでたく拍手数が1UPしていた。

     今まで「拍手」ボタンを押して下さっていた方々、どうもごめんなさい。不快な思いをさせたかも知れませんね。併せてごめんなさい。これからは思い切り「拍手」ボタンを押して頂ければと思います。

     って実際のところ拍手をくれた人っているのかしら。もしかしたら設定なんて関係なくて、本当に誰も拍手に値するなんて思わなかっただけってことなのかも知れないね。つまり僕自身がアクセス数同様、また「無いものねだり」をしているだけなのかも知れないね。

     まあいいか。しばらくは今まで通り気にせずに、ただただ書きたいことを書き綴るとしましょう。

    theme : 日記
    genre : 日記

    2018-05-26

    2018年5月26日(土) 雑文



    うーん、やっぱりどうもまだしっくりこない。故に申し訳ないが一旦消すこととする。



    ■西城秀樹さんが亡くなってからというもの、メディアはその功績を讃え続けている。
     
     人が亡くなる度に思う。
     亡くなってから大絶賛するくらいなら存命中にもっとその功績をきちんと取り上げたり伝えたりしたらどうだ。死ななきゃ取り上げてくれないメディアや社会はやっぱり正常だとは思えない。

    theme : 日記
    genre : 日記

    2018-06-23

    2018年6月23日(土)

    ■月曜の朝に起きた地震の余韻を少々引きずった数日間だった。と言っても何か実害が発生したわけではない。幸いにも僕の周りはまったくと言っていいほど被害はなかった。唯一の被害は地震後にみずやの扉を開けたところ、中に重ねて置いてあった食器が一つ落ちてしまって割れたこと。
     何かが倒れたりはしなかったが、みずやの中に入れていたものやクローゼットの中、押し入れの中に積んで入れていたものが一様にズレていた。みずやの食器は残念ながら扉側にズレていたのだ。それで扉を開けたら落ちてしまった。家人の「キャーッ」という声がしたかと思ったら、すぐに「パリンッ」という乾いた音がした。地震で少々意識が過敏になっていたのか、僕はちょっと驚いてしまった。幸い家人に怪我はなかったが割れた食器の破片がそこらに飛んだ。
     割れた食器は何かの景品でもらった湯飲み茶わんの類だったようだ。
     見た目に害はなかったからと言って安心してはいけないと思った。この辺りでも震度5だったのだ。僕は当時通勤電車の中にいたから、どれだけ揺れたのかわからないが、震度から考えると、やはりかなり揺れたのだろう。直後にLINEで家人から「凄かった」というメッセージが来ていたくらいだ。このレベルの地震が起こったら、やはり諸々の点検はすべきだろう。
     僕はその日のうちに家の中はもちろん、外壁なども目視して確認してはいたのだけれど、みずやとかクローゼットの中というのは意識になかった。まさに死角と言っていいだろう。だがこういうことが起こると人間、嫌でも記憶として残るものだ。これを今後の教訓として活かしたいと思う。

     地震の翌日、家人が少しずつ非常時用の備蓄をしようと思うと言った。もちろん僕は賛成した。やっぱり僕らは地震国に住んでいる。いや地震に限らず自然災害というものは、どこに住んでいようがいつか必ず起こるものだ。それは地震かも知れないし、ハリケーンかも知れない。はたまた土砂崩れや洪水、土石流に火砕流、いやもしかしたら頭上から隕石が降ってくるかも知れない。
     わかり切ったことだが自然にはどうあがいたって勝てるわけがない。大事なのはそれらをうまくやり過ごすことだ。だからそのための備えはやはり重要だ。そしてもう一つ大事なことは、その意識を持ち続けることだ。喉元過ぎれば何とやらで、僕のような人間は時間が経つといつのまにかその意識が薄れてしまう。もしかしたらそれが一番の問題かも知れない。

    ■地震に少々翻弄されつつも、ここ数日の間、時間があれば僕はサッカーのワールドカップを観ている。日本VSコロンビアはもちろん、その他の試合も観ている。昨夜はブラジルVSコスタリカを観ていた。C.ロナウド、メッシに続きネイマールが登場する試合だ。ロナウドは圧巻だった。メッシは予想外の波乱。さてネイマールはどうだろうと思って観始めた。
     前半が終わった時点でコスタリカのあまりの堅守ぶりと、攻め切れないブラジルという試合展開に僕はちょっとストレスを感じてしまい、後半は30分過ぎまでまともに観ずに、録画していた他のコンテンツを観ていた。それが終わってチャンネルを戻すとまだ0対0のまま。
     このまま初戦に続いてドローになるのかと思った。そうなるとブラジルも非常にまずい状況に陥ってしまう。この度の大会は強豪と言われている国がけっこう苦戦している。メッシ擁するアルゼンチンなんかは既に予選敗退の現実味を帯びている。だからかブラジルもそうなってしまうのかと思った。ネイマールのペナルティキックがVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によってノーペナルティ・ノーファールに覆ったこともあって、その予感は益々強くなった。
     だが最後はやってくれた。後半のアディショナルタイムに2ゴールとは、さすがはブラジル、恐れ入った。
     おそらく1点目を取られた時点でコスタリカは負ければ予選敗退が決定するから攻撃せざるを得なかっただろう。それでそれまでの堅守が崩れた。そこをブラジルが手を緩めることなく矢継ぎ早に攻撃をしかけ、ネイマールが2点目となるゴールを決めた。思うにもっと早い段階でブラジルが1点目を取っていたら、もう少し違う展開になっていただろう。個人的にはブラジルがもっと点を取っていた形になっていたのではないかと思う。だけれどコスタリカは堅守でそのパターンになることを防いだ。あの堅守力は侮れない。さすがは前大会ベスト8である。日本にあれほどの堅守力があればと思うが、それはやはり高望みか……。
     それにしても世界は凄い。パス回しの速さと正確性なんてレベルが違う。C.ロナウドとかに見られる決定力も凄まじい。日本に一人でもロナウドみたいな選手がいたらとつくづく思う。
     ちなみに次の日本の相手はセネガルだ。果たしてどこまで善戦してくれるだろうか。


    ■今日は家人はパート。いつものように家用をこなし、家人を車でパート先まで送り、自宅に戻った後、これを書いている。
     先ほどから雨が降り出した。昨日はそこそこ天気が良かったのだけれど、今日はこういう天気なのかしら……。
     
     さてさて、雨降りの一人の休日。何をやってこの退屈さをやり過ごしましょうかねぇ……。



    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
    にほんブログ村



    theme : 日記
    genre : 日記

    よろしければポチっと
    よろしければポチっとね
    広告1